名古屋 介護 未経験

【名古屋】介護職未経験歓迎の求人多数!おすすめの介護求人サイト

名古屋で未経験可の介護職求人を探すなら、介護求人サイト「カイゴジョブ」がおすすめです。
カイゴジョブに掲載されている求人情報には、名古屋の求人が多数載っています。

 

例えば介護士の資格を取得してすぐの人が、安定所の職種の所で仕事を探していたとします。
安定所で募集をしていることもありますが、ない場合もあることから、その時は困ってしまうと想定されます。
また、場所によっては経験者を優遇していて、未経験者は応募できないこともあります。

 

名古屋にある少人数で動いている介護施設は、戦力を募集しているため、仕方がない面もあると言えます。
ですが、「カイゴジョブ」なら資格取得した直後の人、または資格なしで未経験の人でも採用して頂ける介護施設を探すことが可能です。

 

資格取得した直後の人は、老人ホームか訪問看護施設に働くことになります。
資格なしで未経験の人は、主に介護補助としてお客を入浴させる仕事の手伝い、老人ホーム内でお客の話し相手や衣服の洗濯などが仕事です。
どちらの場合でもお客からお礼を言われる機会が多いため、やりがいを感じやすいのが特徴です。

 

そして介護職は未経験でも時給も高いことから、頑張り続けると高収入につながりやすいのも魅力的な部分です。
(特に名古屋の求人は他の地域に比べ時給は高いです)
そのため、一度採用され働き始めると、長期間継続して勤務することになる場合がほとんどです。

 

あと、10年以上継続して勤務していた場合は、周囲からベテラン扱いしてくれます。
そして、新入社員の教育を任される機会も出てきますが、
新人の教育をしている最中は何らかの手当が給料に加算されます。
以上より未経験から介護の仕事を始めても何ら問題もないし、働き続けることで技術も上がり戦力となることも可能です。

 

 

 

 

名古屋は、自動車産業などの製造業が盛んな愛知県の中心的な場所であり、政令指定都市であると同時に県庁所在地としても機能しています。
愛知県のみならず、隣接する県からも多くの人が集まっており、東西の中間地点としての人の行き来もあるのが特徴です。
人が集中していることから、介護職についても比較的就職しやすく、未経験であっても受け入れてくれる求人を見つけやすい環境となっています。

 

しかし、未経験では介護業界の実態がよく分からないままの就職活動になってしまうので、手厚いサポートがある求人サイトの利用をおすすめします。
求人サイトとは、企業からの求人情報を集めて掲載しているWEBサイトのことで、会員登録によってオンライン上でそのまま応募できる形態が一般的です。

 

会員登録などの基本的なサービスは無料で利用できる場合が多く、一部の求人サイトでは会員として資格対策講座を申し込むことで割引などの特典があります。
介護職については、名古屋でも需要が高いことから、介護業界の求人情報だけに絞った求人サイトも登場しています。

 

主な運営会社は、介護サービスを展開している企業か、あるいは、人材紹介を事業としている企業のどちらかです。
前者では、未経験であっても介護職の業務で必要となる知識と技能を習得できるセミナーや、資格対策講座の紹介も行っています。

 

こちらの求人サイトでは、自分でお金を払うことですぐに技能を身につけられて、
その後にその企業グループの求人の紹介までアフターフォローしてくれるので、就職までの流れが分かりやすく、かつ、確実性が高いメリットがあります。
ただし、その企業グループ以外での就職となると、セミナー等の受講経験があまり評価されなくなる場合もあるので、
自分が働きたい介護福祉施設がすでにあるのならば、直接応募するか、あるいは、他のスキルアップのセミナーと比較した上で決めるのも1つの考え方です。

 

後者の人材紹介サービスとしての企業では、純粋に介護職の求人を探しやすいのですが、未経験歓迎の求人については多少限定されるケースもあります。
色々な企業の求人をまとめて参照できる上に、人材紹介が専門とあって、他ではあまり見られない珍しい求人についても応募できる可能性があるのです。
希望すればコンサルタントなどに相談できるサービスも、豊富な事例を扱ってきたプロからアドバイスをもらえるとあって、高い評価を得ています。

 

 

名古屋では様々な介護福祉施設が運営されていますが、
要介護のレベルが高い入居者がいる施設ほど即戦力の人材を求めています。

 

有望な人材であれば未経験でも意欲的に採用している介護業界ですが、
効率良く人材を集められる求人サイトに求人を出す傾向にあり、
自分で直接探しているだけでは魅力的な求人を見逃してしまう恐れがあるので注意しましょう。

 

求人情報としても、これまでの利用者からの声をフィードバックしており、
応募するかどうかを判断するために必要な情報が一通り掲載されている上に、とても見やすいレイアウトです。

 

気になる雇用形態や給料といった基本情報だけではなく、
介護福祉施設としての経営方針や、どのような人材に応募して欲しいのかも詳しく掲載されています。

 

介護福祉施設の公式ホームページだけでは、
未経験でも介護職として応募できるのかどうかが分かりづらいケースもあるので、
やはり信頼できる情報が豊富に載っている求人サイトによって情報収集をするのがおすすめです。

 

自分で名古屋とその周辺にある介護福祉施設を調べていては、
時間がいくらあっても足らず、しかもその施設での介護職の募集の有無すら分かりません。

 

いちいち問い合わせをしても良いのですが、それよりもスマートに求人情報を探せる求人サイトで、
自分の希望条件を満たした職場をすぐに見つけて、実際に働いてみましょう。

 

 

働く前に知っておきたいあんなことこんなこと
お仕事探しお疲れ様です。私は大学を卒業してから介護一筋で仕事をしております。初めの職場ではセンター長を務め、現在は他の会社で働いています。そんな私が思う、「職場探し」について簡単にまとめます。
ポイント1「施設は綺麗ですか?」皆さんが面接に行かれた施設は綺麗になっていますか?建物自体が古いことはしょうがないですが、共用トイレや洗濯室、洗浄室、スタッフルームは整理整頓されていますでしょうか?お客様に見えるところだけがきれいで、洗浄室など隠れているところが汚い職場はやめておきましょう。その施設はスタッフ数に比べて仕事量が多すぎるか、スタッフの規律が保てていないかのどちらかです。
ポイント2「仕事内容は明確になっていますか?」皆さんが面接に行かれた施設での仕事内容は初日でも理解できるようになっていますか?例えば、タイムスケジュールが明確になっている。排せつに入る時間が書面上に整理されている。ご利用者様のADLが整理されている。個人情報にもなりますので、中身は確認できないと思いますが、ちゃんとまとめられているか確認しましょう。施設では、勤務歴が長いスタッフが阿吽の呼吸で仕事している場合があります。上記の情報整理がされていないということは、その確率が高く、なじむまでに時間がかかってしまい、なかなかうまく仕事ができないかもしれません。新しく入ってきた職員にもわかりやすい現場となっているかしっかり確認しましょう。
ポイント3「施設長に施設の改善点を聞いてみましょう」なかなか面接で聞くのは勇気がいるかもしれませんが、「最後に何か質問ありますか?」と聞かれたら勇気を出して聞いてみてください。ここで改善点が出てこない、もしくはありきたりな内容の回答があった場合は、就職を考えたほうがいいかもしれません。現場任せで施設長が当施設についてあまり知らないあるいは上手く管理できていない施設では、施設長は改善点をすぐに出すことができませんし、当たり障りのない事しか言えません。施設長が現場とコンタクトが取れていればパッと出てくるでしょう。
施設長と現場でのコミュニケーションが薄い現場では、規律が守れていなかったり、あいまいな仕事をしていたりします。
私が働きたいと思う職場は、規律のある職場です。自立支援という大きな任務を遂行するためには規律を守れる職場でないと遂行できないからです。上記3点はその基準になると思います。
ぜひ、この3つのポイントをみて職場選びに役立てていただけたらと思います。

 

 

介護職(就労支援)について
現在、知的障害者の就労支援施設で働いています。
やりがいや魅力は、支援している人達が新たに技術を習得したり、就職が決まった時にとても感じます。

 

自分もそうでしたが、知的障害者の方と関わりが無い方は、出来ない事の方が多いと思っていたりしますが、そんな事はありません。
人より時間がかかるだけで、知的障害者の方も仕事をはじめ、しっかりと身に付ける事が出来ます。
もちろん、障害の程度により身に付けられる事の違いはあります。
ですが、根気よく続けると彼等はしっかりと応えてくれます。
諦めずに、根気よく支援を続けた結果、出来る事が増える。又は就職が決まるといった形で表れた時に、やってて良かったと感じる事が出来る仕事です。

 

自分が受け持った人で、中々心を開かない女性の方がいました。
支援員に対してもあまり話さない方でしたが、能力は高い人でしたが、今のままでは就労が難しいと思い、何とかしたいと試行錯誤しながら心を開いてくれるように接していました。
好きな物を保護者の方に聞いて、その話題を振ったり、こちらから他愛もない相談をして、あなたも何かあったら相談してねと話してみたり。
根気よく続けた結果、半年もすると自分から話をするようになったり、周囲の人と打ち解けるようになり、面接等にも自分から発言するようにまで変わってくれました。
もちろん、本人の努力や意識の変化が1番にありますが、このように目に見えて変化を感じた時にやってて良かったといつも感じます。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ